ボタンの図柄の定番はズバリ過激な性描写だった

男性にとっては、恋人のブラウスのボタンをひとつずつ外していくのは、背中に手をまわしてファスナーをおろすのとはちがい、恋人の肌をゆっくりと露わにする楽しみがあるらしい。

ボタンは、着やすく、また脱ぎやすくするための機能性に優れた小物だが、こうした隠れた楽しみを与えてくれるスグレモノでもあったようだ。

その時代には、まだ顔の汗を積極的に止めようとする習慣も無かったみたいだが、現在では顔汗 止める | 91.7%が実感した日本初の顔汗対策法!のサイトに代表されるように、クリームやジェルを活用して顔から吹き出る汗を止めようとする試みが慣れれていす。

18世紀のヨーロッパ社会のファッションでは、ボタンはとくに注目されたアクセサリーだった。
フリルをあしらったり、服のラインを目立たせるためにスカートを膨らませたりするような、華やかなフランスの宮廷ファッションが影をひそめて、まるで寝間着を着ているような質素なイギリスファッションが主流になってくると、地味な服をなんとか目立たせたいと願う人々が、ボタンに目をつけた。

不格好なまでに大きなボタンをつけてみたり、ボタンひとつひとつに精巧な細工をほどこしてみたり、しまいには、宝石のような高価なものをボタンにする人まであらわれる始末で、ほかに目立つ手段がないせいか、ボタンにかける情熱は並大抵ではなかったようだ。

その中でひときわ目をひいたのが、ズバリ、男女のセックスシーンを綿密に描いたボタン。全裸でベッドに横だわった女性の乳房を後ろから両手でもみしだいている男性や、アダルトビデオさながらに、たくましい男性に組み敷かれている女性など、目のやり場に困りそうなほど、リアルに描かれている。

体位も正常位から後背位、はたまた横臥位ありと、四八手よろしくバラエティーに富んでいた。じつはボタンは当時のセックス教本なのでは? と思ってしまうほど豊富だ。

なにも知らない無垢な女性が、その露骨なボタンの絵に赤面するのを見るのが、紳士の密かな楽しみだったらしい。いまならりっぱなセクハラで、とても紳士の行為とは思えないが、当時は、そういったことが平気でおこなわれた。
つまり、ボタンは、日本の浮世絵と同じように、精巧な技術を駆使した風俗画の役割を果たしていたことになるのである。

なんと宝石をボタンがわりにしていた優雅な時代

19世紀後半に、ポーケ兄弟が出版した版画は、1408年に描かれた肖像画をもとにつくられたものだが、当時のファッションの貴重な資料となっている。

ここに描かれた貴婦人の名は、モンタギュ夫人パクリーヌ。ブルゴーニュ公国の女性だ。彼女が生きた一五世紀初頭のフランスではイギリスとの戦いの影響で、首都のパリよりもブルゴーニュ地方のほうが繁栄していた。

パクリーヌは、二枚のドレスを身にまとっているが、下に着たコタルディーというドレスに巻いたサッシュベルトの美しい装飾が見えるように、シュルコートゥヴェールというドレスの脇ぐりを大きく開けて上に重ねて着ていた。

この上に着たドレスの胸元には白テンの毛皮を飾り、胸飾りの下からは、ズラッと宝石が列をなしている。つまり、宝石がボタンの役割をしているというわけだ。このようにルビーやエメラルドなどの宝石をドレスのボタンがわりに使うのは15世紀ごろから盛んになった。
その後、17世紀に入ると、がぜんダイヤモンドの人気が高くなってくる。ダイヤモンドの研磨技術が進み、その輝きに女性が魅了されたためだ。

1715年に、フランス王ルイ14世がペルシャ使節の謁見時に着ていた衣装には、上着と帽子に2150万リーブル分(およそ2150億円)ものダイヤモンドがちりばめられていたという。また、トルコ大使の謁見時には、大粒のダイヤモンドをボタンにしたビロードの服を着ていたというから、いかに贅沢にダイヤモンドを使っていたかがわかるというものだ。

ちなみに、礼装にもちいられるカフスボタンは、だいたいルイ14世の時代から使われはじめたという。いまでは、あまり使われなくなったカフスボタンだが、宝石をボタンに使う、優雅なファッションの名残といえるかもしれない。

ゲイ同士の秘密メツセージに使われる服飾品とは

ゲイがテレビドラマに登場したり、「おかまバー」がはやったり、けては「男同士の結婚を認めてほしい」というカップルが登場したりと、同性愛に関してあけっぴろげになってはいるか、それでも、わざわざ「私はゲイです」なんて宣伝して歩こうとはしない人のほうがまだまだ多いだろう。
だからといって彼らが一生一人ぼっちなわけでもない。当然、出会いの方法がいろいろあるだろうが、中でも、見ただけで”お仲間”とわかる合図がある。

たとえば、お尻のポケットに見えるようにバンダナを入れるのもそのひとつ。それも、右側のポケットか左側のポケットかで意味がちかってくる。積極的にリードしたい男性は左側に、逆に相手のリードに身を任せたい男性は右側にするのが基本。

もともとバンダナは、ヒンディー語の回乱ゴ~(絞り染めの方法の意味)から名の付いた色鮮やかなハンカチで、カウボーイに人気があったもの。彼らは、バンダナを顔のはこりよけなどに使った。そんなタフな男たちに愛用されたバンダナだからこそ、男だけの世界(?)にはなくてはならないものになっだのかもしれない。